採用情報

社員紹介

プラントエンジ部 生産技術課

廣岡 さやか

2012年入社

巨大プラントは無数の精巧な機器の集合体。
その機器製作の“司令塔”が実は私だったりするのです。

不安はあったけれど安心感の方が大きかった

地元で働きたい。できれば事務系の仕事で──。アークハリマは2つの条件を満たす企業だった。ただし、入社を決めたのは会社訪問時のファーストインプレッション。玄関を入ると「いらっしゃいませ」という元気な声が降り注ぎ、あいさつをしてくれた人たちの表情から「私もイキイキと働けそう」だと開放的な社風を感じとった。
直感が正しかったことは、それまで考えたこともなかった部署に配属されてすぐにわかったという。アークハリマは金属材料の商社だが、工場を併設して機械加工品の受託製作も行っている。製作に必要な図面は、顧客からの要望を落とし込んで社内のCADで描いている。廣岡の最初の仕事がこれだった。ちょっと変わっているが事務系ではある。
「扱う商品が金属という馴染みのないものだし、そのうえCADですからね。正直、私にできるのかなと不安でした。でも、いざやってみると安心感の方が大きかったですね」
基礎の基礎から教えてくれる勉強会に加え、聞けば何でもすぐに答えてくれ、困っていることはないかと気にかけてくれる先輩たちが頼もしかった。単純な図形から始めた図面作成も今では手慣れたもの。製作工程全般にまで知識を広げており、街で見かける金属製品が気にかかることもあるという。
「例えば社員旅行に行った先で複雑な形の金属製品を見つけた時、誰かがこれはこうすればできるんじゃないと言い出して同僚たちとついつい盛りあがったんですよ(笑)」

その機器・装置をつくるための最適解を見出す

廣岡が所属する生産技術課には、プラントや工場の設備をつくるための様々な機器装置の製作案件が次から次へと持ち込まれる。不確定な要素も多く、たった1枚の設計図から仕事が始まることも珍しくない。そこに創意工夫の余地があり、知識や経験、アイデアが生きる。設計図を読み解き、製作工程のための展開図面を作成しながら、使用される環境や条件、コストに見合ったベストな鋼材や加工方法を提案。OKがでれば材料を手配、工場に製作を依頼し、納入まで目を配る。案件ごとに最適の解を見出す司令塔であり、その成果は巨大なプラントを確実に支えている。
「もちろん私1人で答えを出せるわけではありません。複雑な図面を見ると、ホントにできるのって思うこともあります(笑)。どうしようと思ったら、とにかく経験豊富な先輩や上司、工場の技術者に聞くこと。抱え込んでいては何も前に進みませんから」
自分の提案が認められ、契約に至ったときの達成感がこの仕事のやりがい。受注した機器装置が次第に形になっていくのを工場で目の当たりにするのも楽しみだし、完成したときにもまた充実感が味わえる。
自分で考え、自分で進める仕事。処理するのではなくベストを追求する仕事。そこが自分に向いていると廣岡は言う。顧客からかけられた「金属加工のことをよく知っているね」という言葉が彼女の成長を表している。

プラントエンジ部
生産課

谷口 優輔

プラントエンジ部
営業課

田中 章照

プラントエンジ部
生産技術課

廣岡 さやか

マテリアル部
営業課

夏木 大輔

マテリアル部
業務課

出原 彩

経営管理部

小坂 美咲